楽天・辰己、思い出の甲子園で延長10回V打「能見さんから打てたのは財産」

[ 2019年6月20日 05:30 ]

交流戦   楽天9-4阪神 ( 2019年6月19日    甲子園 )

10回無死満塁、辰己は勝ち越しの中前適時打を放ち、塁上でガッツポーズ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 スタンドのヤジさえ心地よかった。「先輩方に回していただいたので勝つことができて良かった」。楽天・辰己が地元・兵庫、そして特別な地である甲子園で、殊勲のヒーローになった。

 4―4の延長10回無死満塁。1ボール1ストライクから辰己のバットが能見の142キロ直球を捉えた。兵庫・社高の2学年先輩である中堅・近本の前に転がった決勝打に「近本さんが(打球を)呼んでくれたのかな」といたずらっぽく笑った。

 高校で甲子園出場経験はないが、立命大4年春のリーグ戦で通算100安打を達成し、リーグ優勝も決めた思い出の球場だ。「ヤジも凄い。でも、あの熱量は敵だけど(同じ)関西人として誇り」と、スタンドの洗礼さえ味方につけた。

 6回先頭の打席では四球を選び、20試合連続出塁を達成。打率は・263だが、中堅の守備を含め、ドラフト1位の期待以上の活躍が続いている。初回に3点を先制された展開を、ルーキーのバットではね返し、平石監督も「よく追いついて、食らいついてくれた」と10回に一挙5得点のチームの粘りを称えた。

 8回は大飛球が浜風に戻されて右飛になった。本塁打を確信して全力疾走を怠り「地元なのに浜風が頭に入っていなくて…。恥ずかしいことをしてしまった」。ベンチで一喝された。「それは反省。でも、テレビでずっと見ていた能見さんから打てたのはプロ野球人生の財産になる」。日々成長。リーグ首位をキープし、交流戦順位も首位ソフトバンクに0・5ゲーム差。強い楽天で「背番号7」が輝き始めた。(君島 圭介)

 ▽辰己と甲子園 社高時代は甲子園出場はなし。立命大に進学し、4年春のリーグ戦では甲子園で行われた近大戦で、史上28人目の通算100安打をマーク。試合も4―1で勝利し、主将としてチームを4季ぶりのリーグ優勝に導いた。交流戦前には「大学で良い思い出があるのでプロでも結果を出したい。僕は関西人。阪神ファンの皆さんには温かく迎えてほしい」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月20日のニュース