輝星、23日中日戦へ打撃練習 柵越えゼロに苦笑い「抑えることで精いっぱい」

[ 2019年6月20日 05:30 ]

空港行きのチームバスに向かう吉田輝(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 DH制のない23日の中日戦(ナゴヤドーム)でプロ2度目の登板に臨むことが有力な日本ハムのドラフト1位・吉田輝が、試合前に打撃練習を行った。

 高校通算は7本塁打ながら昨夏甲子園で本塁打。しかし、12スイングで柵越えゼロ、安打性2本に終わり「(高校時代の)面影はなかったですね。しっかり抑えることで精いっぱい」と苦笑いだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月20日のニュース