駒大、平野サヨナラ3ランでタイ OB中畑氏も大喜び「よう打った」

[ 2019年6月20日 05:30 ]

東都大学野球1部2部入れ替え戦   駒大7―4専大 ( 2019年6月19日    神宮 )

サヨナラ勝ちに喜ぶ中畑清氏
Photo By スポニチ

 駒大が平野英丸内野手(4年)の劇的3ランで9回サヨナラ勝ち。1勝1敗のタイに持ち込んだ。専大は9回に深水裕貴捕手(4年)の本塁打で追いついたが、最後に前田敬太投手(4年)がつかまった。

 同点とされた直後の9回1死一、二塁。平野が初球を右翼席に叩き込んだ。「初球から、ストライクならいこうと思っていました。同点になっても、こっちは1番からだからチャンスはあると。明日も打って投手を援護したい」。6番から4番に昇格して5打数4安打、2試合で9打数7安打と絶好調。開幕4番が打率・146と不振にあえいだが、シーズン後にバットを振りまくって入れ替え戦に備えた。

 スタンドで観戦した中畑清OB会長(65=スポニチ本紙評論家)も「よう打った。明日も勝つぞ」と席から立ち上がって歓喜。3回戦も全員野球で1部を死守する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月20日のニュース