【10日のファーム情報】ロッテドラ1藤原が2安打1打点

[ 2019年5月10日 19:07 ]

 プロ野球のファームは10日、イースタン、ウエスタン両リーグで計4試合が行われた。

 ヤクルトはロッテ戦(ロッテ浦和)に9―6。左手親指骨折からの復帰を目指す坂口は1安打1打点。代走で途中出場し、7回に右中間適時三塁打を放った。塩見が3安打1打点、ドラフト2位・中山が2安打2打点。先発・山中が5回4安打3失点(自責2)で1勝目。ロッテ先発・中村稔は4回4安打4失点で1敗目(3勝)。ドラフト1位・藤原は2安打1打点だった。

 日本ハムは楽天戦(鎌ケ谷)の延長10回、7―6で逆転サヨナラ勝ち。ドラフト4位・万波が4号逆転サヨナラ3ランを放った。森山が初回の2号ソロ、3回の3号2ランと2打席連続アーチ。先発・宮台は7回5安打4失点で7奪三振だった。楽天は2番手・安楽が5回0/3を7安打2失点。岩見が2回に3号2ラン、内田が6回に4号ソロ。

 オリックスは阪神戦(鳴尾浜)に1―0。先発・田嶋が5回2安打無失点で1勝目(1敗)。5回に飯田の右翼線二塁打で挙げた1点を5投手の継投で守り切った。頓宮、西村が2安打。阪神先発・呂青彦は5回3安打1失点で2敗目。

 広島はソフトバンク戦(由宇)に9―6。堂林が5回の先制3号ソロなど2安打。先発・遠藤は6回7安打4失点。4番手・矢崎が1回無安打無失点で1勝目を手にした。ソフトバンクは6回に栗原が1号3ラン。先発・二保は4回4安打無失点の好投だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月10日のニュース