亜大・安田が主将の意地!9回2死満塁から代打V2点打

[ 2019年5月10日 05:30 ]

東都大学野球   亜大5―3中大 ( 2019年5月9日    神宮 )

9回2死満塁、安田は適時打を打つ(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 1回戦3試合が行われた。亜大は同点の9回2死満塁から主将の安田大将内野手(4年)が代打で勝ち越し2点打を放ち、中大を5―3で下した。

 亜大は安田主将が同点の9回2死満塁から代打で右前に決勝2点打を放ち、ガッツポーズを見せた。開幕戦で先発出場したが3三振。その後はベンチを温めることが多かっただけに「全然駄目だったので、打った時に湧き出るものは大きかった」と話した。練習後も居残り、バットを振り込んで好結果につなげた。生田勉監督も「期待に応えてくれた」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月10日のニュース