オリックス・吉田正、口火の7号2ラン「しっかり引っ張って自分らしい打球が出た」

[ 2019年5月10日 21:47 ]

パ・リーグ   オリックス8―6楽天 ( 2019年5月10日    ほっと神戸 )

ヒーローインタビュー後にポーズを取る(左から)吉田正、中川、西浦、T-岡田の4人(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 オリックスは4本塁打が飛び出し2連勝。3回2死一塁から勝ち越しとなる7号2ランを放った吉田正は「初球から打てると思った所は打ちにいこうと思っていたので、スタンドへいったかなと思いました。しっかり引っ張って自分らしい打球が出たかなと思います」と振り返った。

 
 本塁打を放った吉田正、T―岡田、中川、西浦の4人でのお立ち台になったことについては「初ホームランが2人出て、それで勝てたのが良かったです」と語った。
 
 最後に「明日も明後日もあるので、たくさん打てるように頑張ります」とファンへメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月10日のニュース