西武、9回2死から同点も実らず 辻監督「やっぱりフォアボールは…」

[ 2019年5月10日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4―5ロッテ ( 2019年5月9日    大宮 )

9回2死一、二塁、同点適時打を放った岡田(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武は代打・岡田の中前適時打で9回2死から追いつく粘りも及ばなかった。延長11回に5番手のマーティンが先頭の四球から招いたピンチで代打・高浜に勝ち越し打を浴び3連敗となった。

 「やっぱりフォアボールはね…」と辻監督。打線は不振の金子侑、外崎を今季初めて先発から外し、1番・秋山、源田をプロ初の3番に据え、初回は源田が先制右前打を放ったが、指揮官は「予定通り源田で先制。形はよかった気がするけど…」と勝ちにつながらず、渋い表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月10日のニュース