中日・高橋 右翼ポール直撃2ランで4戦連続打点マーク

[ 2019年5月10日 20:06 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2019年5月10日    甲子園 )

<神・中>2回1死一塁、高橋は右越えに先制2ランを放ち、雄たけびをあげる(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 中日・高橋が先制の2ランを放った。2回、阪神先発・西の初球ストレートを引っ張ると、打球は浜風にもうまく乗って右翼ポールに直撃。「入ってくれて良かったです」と喜んだ。これで5試合連続安打、4試合連続打点と好調を維持している。

 だが、先発の又吉が2回に打者一巡の猛攻を浴び5失点と逆転を許した。四球からマルテに2ランを被弾するなど、制球が定まらなかった。前回3日のヤクルト戦でも初回に2失点し敗戦投手になっており「2試合続けて、序盤で試合を壊してしまって申し訳ないです」とうなだれた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月10日のニュース