楽天・銀次、サヨナラバスターの裏側 小谷野コーチ「打っていいから」

[ 2019年5月10日 06:02 ]

パ・リーグ   楽天4―3ソフトバンク ( 2019年5月9日    楽天生命パーク )

9回無死一、二塁、バントの構えをする銀次(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 楽天・銀次はこの2連戦で計7安打と大当たり。前日は5打数5安打。この日も2点を追う2回に中前打を放ち、ブラッシュの同点2ランをお膳立て。主将として最後は試合を決め「改めてつなぎの大切さを再確認しました」と振り返った。

 9回の打席に入る前、小谷野打撃コーチから「(一塁手が)チャージしてきたら、打っていいから」と指示を受けていた。「バントシフトを敷いていたので、投手もストライクを投げてくる確率が高い」。ベテランらしい冷静な判断と高い打撃技術で、チームを3連勝に導いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月10日のニュース