京都フローラ・岩谷、女子プロ初の200打点 愛知戦で決勝2ラン

[ 2019年5月10日 05:30 ]

日本女子プロ野球   京都フローラ2―1愛知ディオーネ ( 2019年5月9日    わかさスタジアム京都 )

左越え3ランを放つ岩谷
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズ春季リーグは、京都フローラが優勝を決めた3日の第2試合から4連勝。初回2死二塁、4番・岩谷の左越え3号2ランが決勝打となった。「打った瞬間、入ったと思いました。打席でしっかり自分のスイングをすることができました」。

 女子プロ野球初の200打点を達成し、「夏季、秋季リーグも含めて年間5本以上を目標に今後も頑張りたいと思います」と上積みを誓った。6回1失点の龍田が5勝目、森は8セーブ目をマークした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月10日のニュース