広島 広輔、不振脱出への光 5試合ぶり安打が今季1号2ラン

[ 2019年5月10日 19:49 ]

セ・リーグ   広島―DeNA ( 2019年5月10日    マツダ )

<広・D>5回裏1死一塁、田中広は右越えに2点本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・田中広輔内野手(29)は、6点劣勢の5回1死一塁で、DeNA先発・今永のスライダーを右翼席へ運ぶ1号2ランとした。

 「打ったのはスライダー。何とか食らいついていきました。打ててよかったです」

 4試合無安打中と極度の不振に悩まされていた。実に20打席ぶりの安打が1号2ラン。試合前打率・174と低調だった打撃から抜け出す光明としたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月10日のニュース