ダルビッシュ 1安打投球も6四球で4回降板 3勝目ならず

[ 2019年5月10日 05:45 ]

ナ・リーグ   カブス―マーリンズ ( 2019年5月9日    シカゴ )

4回で降板したダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、シカゴでのマーリンズ戦に先発、4回を投げ1安打7奪三振6四球1失点で降板した。

 4回まで毎回三振を奪い、安打も適時打の1本しか許さなかったが、制球が定まらず6四球。球数が4回終了時点で97球に達し、1点リードであと1イニング投げれば勝利投手の権利が得られるところだったが、5回に代打を送られ、今季3勝目はならなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年5月10日のニュース