平野、死球与えるも無失点継投「三塁走者を還さないようにと」

[ 2019年5月10日 02:30 ]

インターリーグ   ダイヤモンドバックス3―2レイズ ( 2019年5月8日    セントピーターズバーグ )

レイズ戦の8回途中から登板したダイヤモンドバックス・平野
Photo By 共同

 ダイヤモンドバックス・平野は2―1の8回無死一、三塁から4番手で登板し、1/3回を無失点で勝利に貢献した。

 死球で無死満塁となったが5番ズニーノを遊ゴロに仕留め、後続に託した。「もったいない死球があったけど、攻めていった。三塁走者を還さないようにと思った」。前回の登板はフォークボールの制球に苦しんだが、ズニーノには低めに落とし、打たせて取った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月10日のニュース