ファウルが顔面に…打球直撃で球審交代

[ 2019年5月10日 20:36 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2019年5月10日    東京D )

<巨・ヤ>4回2死一、二塁、丸のファールで負傷する柳田球審 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 試合中に審判員の交代があった。4回2死で巨人・丸のファウルボールが、柳田昌夫球審の顔面を直撃した。その場にうずくまり、一時ベンチ裏に下がって手当て。再び丸の打席を完了させたが、5回から交代した。

 佐々木昌信二塁塁審が球審に回り、控え審判員だった本田英志氏が二塁に入って試合を続行させた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月10日のニュース