広島レグナルト、球団新記録に意欲 開幕から15試合連続無失点

[ 2019年5月10日 05:30 ]

キャッチボールをする床田
Photo By スポニチ

 広島・レグナルトが球団記録更新に意欲を見せた。開幕から15試合連続無失点を継続中で、13年に河内貴哉が記録した球団最長21試合まで6試合。現在の球団広報が記録保持者であることを知らされ、笑みを浮かべた。

 「ゼロに抑えられていることはいいこと。ストライクで勝負するスタイルの割には四球が多い。あと6試合、四球を出さないことにチャレンジしたい」

 計17回2/3で11四球を与えている点を課題として自覚。名古屋からの移動した9日も休日返上でマツダスタジアムを訪れた。「去年、休みの日に体を動かすと次の日に体が軽くて、よく動くことに気付いたんだ」と先発投手の指名練習に志願参加。開幕してから休養日の“皆勤”も継続だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月10日のニュース