楽天・渡辺直“とにかく出塁” 痛み恐れぬベテランの信条

[ 2019年5月10日 08:57 ]

パ・リーグ   楽天4―3ソフトバンク ( 2019年5月9日    楽天生命パーク )

8回無死、渡辺直が左翼へ同点のソロアーチを放つ  (撮影・大塚 徹)                                                                                                                                                  
Photo By スポニチ

 同点弾を放った楽天・渡辺直だが、モットーは「どんな形でもいいから出塁すること」。それが色濃く表れているのが通算99死球という数字だ。4月12日のソフトバンク戦で代打で死球を受け、プロ野球で過去に20人しか達成していない「100死球」の大台に王手をかけた。「早く達成したいですよ。なかなかない記録でしょ」。

 チャンスメークのためには痛みをも恐れない。そんな泥くささが渡辺直のスタイルでもある。「試合に出ることは少ないけど、常にみんなと一緒に戦っている。新人と同じような気持ちで、必死にまだまだ頑張りますよ!」。記者と同じ80年生まれのベテラン。一日でも長く現役としてユニホームを着ていてほしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月10日のニュース