オリックス・中川&西浦がプロ1号!西浦「ダイヤモンド一周が一瞬過ぎて…」

[ 2019年5月10日 22:18 ]

パ・リーグ   オリックス8―6楽天 ( 2019年5月10日    ほっと神戸 )

初ホームランの球を前に出し写真に収まる左から中川と西浦の二人(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 オリックスは4本塁打が飛び出し2連勝。5回1死からプロ初本塁打となる1号ソロを放った中川は「最高でした。インコースのシュート気味のボールだったんですけど、上手く反応して打てたと思います」と満足げな表情で振り返った。

 どんなことを感じながらプロ1年目を過ごしているのか聞かれると「必死に日々、応援の力を借りて頑張っています」と話した。

 初本塁打のボールは「これからも頑張るので応援よろしく」という言葉を添えて母親にプレゼントするという。

 6回2死三塁でプロ初本塁打を放った西浦は「カウント3―1で、もう真っすぐは来ないと思って変化球を狙っていました。正直、ダイヤモンド一周が一瞬過ぎて何も覚えていないです」と振り返った。

 「最近凡退が続いていたので、今日のホームランをきっかけに復調出来ればいいなと思います」と今後に向けて意気込んだ西浦。

 初本塁打のボールは「産んでくれてありがとう」という言葉を添えて両親にプレゼントすること明かし、最後に「これからも3連勝、4連勝、5連勝していけるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」とファンへメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月10日のニュース