日本新薬、ルーキー福永が2戦連続代打弾「準備をしっかりできた」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

第74回全国社会人野球東京スポニチ大会最終日   日本新薬4―0東芝 ( 2019年3月15日    神宮 )

7回無死、2試合連続となる代打本塁打を放ち、チームメートから祝福される日本新薬・福永(中央)
Photo By スポニチ

 日本新薬はルーキーの福永が準決勝、決勝と2試合連続の代打アーチ。準決勝では8回に貴重な追加点となる左越え2ランを放つと、決勝では3―0の7回無死走者なしの場面に再び代打で登場し、福本の内角直球を左翼席に運んだ。

 新人賞も獲得した22歳は「どこかで必ず使ってもらえると思っていた。気持ちの準備をしっかりできた」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース