ロッテ藤原、プロ初3番も3の0 今後も1軍帯同へ

[ 2019年3月16日 05:30 ]

交流試合   ロッテ4―2台湾・ラミゴ ( 2019年3月15日    ZOZOマリン )

8回無死、左飛に倒れてベンチに戻るロッテ・藤原 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・藤原(大阪桐蔭)は「3番・中堅」でプロ初のクリーンアップを任されたが、初回1死二塁で一ゴロに倒れるなど3打数無安打。「意識せず、自分の打撃を心掛けました」。

 16日からはイースタン・リーグが開幕するが、井口監督は「こっちにいさせる」と1軍帯同を明言した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月16日のニュース