札幌第一 3度目の正直に 3日目第3試合また関東勢と激突

[ 2019年3月16日 05:30 ]

第3日第3試合の対戦が決まり握手する山梨学院・相沢主将(左)と札幌第一・大平主将
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会(23日開幕、甲子園)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内で行われた。大会3日目の第3試合で山梨学院との対戦が決定した札幌第一は、過去2度の出場時も大会3日目第3試合。不思議な縁を感じながら三度目の正直でセンバツ初勝利を目指す。昨秋の明治神宮覇者の札幌大谷は大会2日目第3試合で米子東(鳥取)と対戦する。

 運命の導きか。3度目の出場となる札幌第一が、またも大会3日目の第3試合を引き当てた。大平裕人主将(3年)の抽選順は32校中32番目の残りくじ。厳密に言えば、引いたのではなく、引き寄せられた。

 「本当に不思議」。菊池雄人監督(46)は目を見張った。1回戦は16試合。16、17年に続いて3回連続で同じ試合日程を引く確率は4096分の1。山梨学院の吉田洸二監督(49)も「えぐいですね」とうなった。その山梨学院も3度目の出場だ。

 「3」に絡む不思議な縁。大平は「先輩たちは1勝できなかったので、まずは3日目で勝つことが目標」と“三度目の正直”でセンバツ初勝利を目指す。

 山梨学院とも隠れた縁がある。元横浜部長の小倉清一郎氏(74)の存在だ。札幌第一は15、16年に臨時コーチとして招き、山梨学院は現在指導を仰ぐ。

 新旧師弟対決。札幌第一では、小倉氏に教わった連係プレーやフォーメーションなど守備の基本を当時の選手が10枚の用紙にまとめ、今も後輩たちに受け継がれている。菊池監督は「打撃のチームの印象だが、小倉さんが見ているので、守備もしっかりしていると思う」と警戒した。
 試合は打撃戦になりそうだ。屋外での練習はまだ静岡合宿の5日間のみで、守備を万全に仕上げることは難しい。「点が動きながら食らいつく。取られても取り返す。守備のミスを乗り越える試合をしてほしい」と菊池監督は期待した。(石川 加奈子)

 ▼山梨学院吉田洸二監督 北海道とは縁がなく、データは全くない。ただ、(札幌大谷が)去年の明治神宮大会で優勝しているし、レベルの高い地区の代表。うちは投手が弱いので、防戦一方にならないように前半からついていきたい。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース