八戸学院光星・武岡、広陵との初戦に苦笑い「“うわっ”と…」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

センバツ組み合わせ抽選会 ( 2019年3月15日 )

 第4日の第2試合での対戦が決まった広陵・秋山主将(左)と八戸学院光星・武岡主将 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 八戸学院光星(青森)の走攻守そろったプロ注目遊撃手、武岡龍世主将(3年)は広陵との初戦を引いて苦笑いだ。「“うわっ”という気持ちだった。地区の1位同士。いい試合ができればいい」。

 昨秋の東北王者で、広陵は中国王者。練習試合でも対戦経験はなく、仲井宗基監督は「超名門校。対戦は光栄」と語った。昨夏の甲子園を経験したメンバーが5人残るが、まだ土のグラウンドでの練習が3度だけ。武岡は「チームとして詰めないといけないところがたくさんある」と今後の調整をにらんだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース