市和歌山、平成最後も開幕戦 半田監督「なかなか経験できないこと」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

センバツ組み合わせ抽選会 ( 2019年3月15日 )

第1日第1試合の対戦が決まり握手する市和歌山・米田主将(左)と市呉・上垣内主将 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会(23日開幕、甲子園)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われた。3年ぶり6度目出場の市和歌山は開幕試合で呉(広島)と戦うことが決まった。

 これも何かの因縁だろうか。平成最初の大会だった89年の開幕試合を戦ったのが同じ和歌山代表だった日高(対苫小牧工)。平成最後も呉と開幕戦を戦うことになった市和歌山の半田真一監督(38)は、特別な一戦へ胸を高鳴らせた。

 「本当に驚いているが、開幕試合はなかなか経験できないこと。感謝の気持ちを持って一生懸命戦いたい。うちは派手な野球はできないので、全員でしのいで少ないチャンスをものにしたい」

 昨秋公式戦は8試合中6試合で2桁安打をマークするなどチーム打率・343。一冬越え振りが鋭くなった。加えて、課題とされた投手陣も2年生左腕の岩本真之介が格段にグレードアップし右腕の柏山崇(3年)も一時の不振を完全に脱した。大会では両腕の継投を模索する。

 05年以来となる選抜勝利に向け、半田監督は「やるべきことはやってきた。あとは選手のモチベーションを上げて、しっかりやっていきたい。クロスゲームになる」と接戦を覚悟した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース