広島 野間 痛恨の…水本2軍監督「凡ミス」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

ウエスタンリーグ   広島3-2ソフトバンク ( 2019年3月15日    由宇 )

 ソフトバンクとのウエスタン・リーグ開幕戦に出場した広島の野間が痛恨の失態で評価を落とした。

 実戦打席を積むために1軍野手では唯一の参加。3回に左中間三塁打を放った後、続くドラフト7位の羽月(神村学園)の左前打では本塁空過で生還を取り消された。ソフトバンクの捕手・九鬼のアピールが認められ、水本2軍監督は「凡ミス。踏んでないと審判が言えば、それまでなんだから」と厳しかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース