石岡一 “輝星2世”岩本に指揮官期待「伸び伸び投げてほしい」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

センバツ組み合わせ抽選会 ( 2019年3月15日 )

第3日第2試合の対戦が決まった盛岡大付・及川主将(左)と石岡一・酒井主将 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 石岡一(茨城)は21世紀枠で春夏通じて初出場。初戦の相手は春夏計15度出場の盛岡大付に決まった。

 最速147キロを誇り、プロからも注目を集める岩本大地投手(3年)が経験豊富な相手打線にどう挑むか。川井政平監督は「伸び伸び投げてほしい」と期待。農学校として開校し、現在ある園芸科、造園科には野球部員22人が在籍する。「新たな歴史をつくりたい」と指揮官は腕をぶした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース