東芝・宮川、最速152キロも魔の6回 四球絡んで3失点

[ 2019年3月16日 05:30 ]

第74回全国社会人野球東京スポニチ大会最終日   東芝0―4日本新薬 ( 2019年3月15日    神宮 )

力投する東芝の先発・宮川(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 東芝は予選から4連勝で決勝に進出し15年ぶりの春の王者を狙ったが完敗した。先発したドラフト上位候補の宮川が最速152キロをマークするなど5回まで1安打9奪三振の力投。ところが6回に2死から内野安打と2つの四球から3つの暴投も絡み3失点。これが決勝点となった

 。「(宮川は)フォアボールがね。いい経験になった。榎田君は投球がうまく、つかまえられなかった」と平馬淳監督は完敗を認めた。宮川は「反省を生かして都市対抗予選、本戦ではやります」と前を向いていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース