福知山成美・井本監督苦笑い「“当たるぞ”と言われてたら本当に…」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

センバツ組み合わせ抽選会 ( 2019年3月15日 )

 第4日の第1試合での対戦が決まった筑陽学園・江原主将(左)と福知山成美・岡田主将 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会(23日開幕、甲子園)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われた。5年ぶり3度目出場の福知山成美は4日目第1試合で初出場の筑陽学園(福岡)と戦うことが決まった。

 福知山成美の井本自宣監督(45)は、初戦の相手となった筑陽学園の江口祐司監督(56)と並んで座ると、思わず苦笑いした。

 「昨日(14日)他校の監督さんらと一緒に食事に行った際に(江口監督と)隣になって3時間ほど、ずっと話したんですよ。“そんなに一緒にいると(試合で)当たるぞ”とみなさんに言われてたら、本当になった」

 筑陽学園はタイプの異なる3投手を中心に昨秋も接戦を勝ち抜いた九州王者。一冬越えて「振る力」が増し得点能力は上がっているが、主将の岡田健吾内野手(3年)は「長打より、つなぐ意識で」と打線として攻略をイメージする。

 一つの目標としていた京都勢の通算200勝への挑戦権は龍谷大平安に譲った形となった。井本監督は「平安さんの方が思いが強かった(笑い)。うちは201勝目で」と話し、揃っての進撃に自信を見せた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース