桐蔭学園、16年ぶり甲子園は初出場校と初戦 森主将「100%出す」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

センバツ組み合わせ抽選会 ( 2019年3月15日 )

第5日第3試合の対戦が決まった啓新・穴水主将(左)と桐蔭学園・森主将 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 昨秋の関東王者・桐蔭学園(神奈川)は16年ぶりの甲子園で、初出場の啓新との対戦が決定。プロも注目する左の好打者の森敬斗主将(3年)は「実感が湧いてきた。そこに100%をぶつける」と意気込んだ。

 関東勢では最後となる第5日の登場。前日の「キャプテントーク」では選手宣誓へ意気込みを見せたが、かなわず「やりたかったですね…」とちょっぴり残念そうだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース