横浜・及川3度目聖地へ 強豪ブロックで「実力試す」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

横浜の153キロ左腕・及川
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会(23日から12日間、甲子園)の組み合わせ抽選会が15日、毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われた。153キロ左腕・及川雅貴投手(3年)擁する横浜(神奈川)は明豊(大分)、150キロ右腕・奥川恭伸投手(3年)の星稜(石川)は履正社(大阪)と1回戦で激突。今秋ドラフト1位候補の2人が、ともに打線が看板の難敵を迎える。

 及川の目が鋭く光った。横浜市内のグラウンドでの練習後、「対策されるのは分かっているし、それ以上の投球を求められると思う。対策以上の投球をしたい」と言い切った。

 初戦の相手は明豊に決まった。昨秋のチーム打率・375は出場校中3位。レギュラー8人が打率3割以上で、唯一3割に満たない5番・藪田も昨秋3本塁打で11打点と勝負強い。及川の左腕がねじ伏せるか、切れ目のない打線が打ち崩すか。試合の構図は明瞭だ。

 「相手のことは全然分からない」と言ったが、手応えをつかんでいる球種がある。チェンジアップだ。1年秋に習得したものの、直球とスライダーの精度を集中して上げるため一時封印。今月9、10日の沖縄招待試合で解禁すると、タイミングを外された打者が詰まったようにファウルした。最速153キロの直球と同じ腕の振りで投げ込む、縦の変化球。3つ目の球種は相手の脅威となる。

 「強い高校とできるのが大きな経験になるし、実力が試せる。常に低い姿勢で挑戦したい」。2回戦で明治神宮大会優勝の札幌大谷、準々決勝で近畿王者の龍谷大平安と対戦する可能性のあるブロック。その先、準決勝まで進めば「VS奥川」が実現するかもしれない。抽選に臨んだ内海主将には「良いくじ引いたね」と言った。

 気になるカードは「星稜―履正社です」と即答した。奥川の存在を「頭一つ抜けている。自分たちのいる次元にいない」と言い、「勝ち上がった先にそういうチームがいるのは刺激になる」と闘志を高めた。沖縄では151キロまで出し、調子は上向き。最高の姿を自身3度目の聖地で見せる。 (松井 いつき)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月16日のニュース