清宮、術後初ノック「一歩前進かな、という感じ」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

ノックを受けた清宮(左)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 5日に右手有鉤(ゆうこう)骨の骨片摘出手術を受け、12日からリハビリをスタートさせた日本ハム・清宮が術後初めて内野ノックを受けた。

 グラウンドをウオーキング後に室内練習場に移動。スタッフが打つ軽めのノックを捕球し「一歩前進かな、という感じです」と語った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月16日のニュース