ソフトBのドラ1・甲斐野がプロ初セーブ 東洋大の同期・上茶谷の登板に「刺激」

[ 2019年3月16日 17:03 ]

オープン戦   ソフトバンク8-3DeNA ( 2019年3月16日    横浜 )

<D・ソ>ソフトバンクの甲斐野(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野(東洋大)がプロ初セーブをマークした。3点差の9回に登板し3者凡退で締めた。

 「変化球の精度が悪かったので僕の中ではまだまだ」と反省しながらも、マウンド上での勝利のハイタッチには「一回くらいやってみたかったので良かった」と笑顔を見せた。東洋大の同期、DeNAのドラフト1位・上茶谷との同日登板には「投げているのを見て刺激になった」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース