近畿王者・龍谷大平安、14年以来の頂点へ 原田監督「責任感を持って」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

センバツ組み合わせ抽選会 ( 2019年3月15日 )

第3日第1試合の対戦が決まり握手する津田学園・石川主将(左)と龍谷大平安・水谷主将 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会(23日開幕、甲子園)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われた。昨秋の近畿大会覇者で3年ぶり41度目出場の龍谷大平安は3日目第1試合で津田学園(三重)と戦うことが決まった。

 3月上旬からの沖縄遠征で鼻の皮がむけた龍谷大平安の主将・水谷祥平外野手(3年)は、初戦の相手が津田学園に決まると表情を引き締めた。

 「チーム全体として体格のあるチーム。力負けしないように。一人一人が、自分の役割を全うできるようにやれれば」

 相手エースの前佑囲斗は最速148キロを誇る本格派右腕。「中途半端なスイングをしないように。振ると決めたらしっかりと振りたい」と頭で対戦をイメージしているかのように話した

 昨秋の近畿大会で優勝したが、明治神宮大会では優勝した札幌大谷に初戦で敗れた。「日本一に挑戦する」をチームの合言葉に冬場も鍛錬を積んできたが、今月に入って解禁された練習試合7試合では、打線のつながりが今ひとつの状態。原田英彦監督(58)からは「そんな(日本一に挑戦する)レベルじゃない」と言われたという。試合まで10日を切っており「チームの持ち味である元気、負けん気だけは絶対に負けないように」と主将として、4番としてチームを鼓舞する構えだ

 原田監督もチームの仕上がりに関しては「悪い。選手のモチベーションを上げていくしかない」と険しい表情になった。それでも最後は「近畿のチャンピオン。責任感を持ってやってくれれば」と期待感も示した。

 昨夏の甲子園大会で史上2校目の通算100勝を達成。今大会では福知山成美より先に試合をすることで、あと1勝に迫る京都勢の春夏通算200勝への挑戦権も得た。新たなメモリアル勝利をステップに14年以来の頂点を目指す。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース