広島 小園 三塁の練習約30分 高ヘッド「送球を含めて幅を広げるために」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

 マツダスタジアムでの指名練習に参加した広島のドラフト1位の小園(報徳学園)が三塁で約30分間の守備練習に取り組んだ。

 「ショートのときも(送球)ミスがあるので、しっかり送球できるように。今日は足の使い方を意識してやりました」。入団後、遊撃以外でノックを受けるのは初。高ヘッドコーチは「送球を含めて幅を広げるために。特別な意味はないよ」と話すにとどめた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月16日のニュース