明豊・表主将、初戦横浜に気合「やってやるぞという気持ち」

[ 2019年3月16日 05:30 ]

第2日の第2試合での対戦が決まった明豊・表主将(左)と横浜・内海主将 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 チームメートから「強豪校引いてこい」と送り出された明豊(大分)の表主将は、うってつけのくじを引き「やってやるぞという気持ち」と気合を入れた。

 昨秋9試合で2桁安打を7度記録した強力打線。冬場は多い時は一日1000スイングを各自が振り込んできた。表は「単打でつないでいきたい。及川はプレッシャーを感じていると思うので切り崩したい」と全員野球での攻略をイメージした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2019年3月16日のニュース