ロッテ荻野、骨折で全治2カ月 無念の球宴辞退

[ 2018年7月11日 05:30 ]

ロッテ・荻野
Photo By スポニチ

 ロッテは10日、前日の西武戦(メットライフドーム)で右手指に投球を受けた荻野が東京都立川市内の病院で「右手第2指基節骨骨折」と診断されたと発表した。全治2カ月の見込み。

 荻野は「2カ月で骨がつく。そこからのリハビリ。早く戻りたい」と今季中の復帰へ意欲的だった。球団は監督推薦で選出されていた球宴を辞退するとした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月11日のニュース