【長野】佐久長聖15点圧勝でコールド発進!「雑にならなかった」攻勢緩めず毎回得点

[ 2018年7月11日 12:56 ]

第100回全国高校野球選手権長野大会2回戦   佐久長聖15―0松本工 ( 2018年7月11日    県営上田球場 )

 2年ぶり優勝を第1シードから狙う佐久長聖が5回コールド発進。松本工は昨夏3回戦で対戦し延長15回の死闘の末に辛くも振り切った相手だったが、危なげなく突破した。初回1死満塁のピンチをエース林虹太が抑えるとその裏、打者一巡の猛攻で6点を先取。その後も盗塁、エンドランも絡めて攻勢を緩めず毎回得点を重ねた。

 藤原弘介監督はベンチ入り20人中16人を起用。「出ているメンバーがいい仕事してくれた。雑にならなかった。次も足元を見て戦います」と語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月11日のニュース