西武4発も連勝ストップ 同点8回に炭谷痛恨の悪送球

[ 2018年7月11日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―7ロッテ ( 2018年7月10日    メットライフD )

7回無死満塁、炭谷の一塁への送球がそれて決勝点に(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 西武は今季最多タイの1試合4本塁打で全5得点を挙げるも、手痛い失策で星を落とした。

 同点の8回無死満塁で、辻監督が「ピッチャーゴロでも打たんかな」と思っていたという角中は注文通りの投ゴロ。しかし送球を受けた捕手の炭谷が一塁に悪送球し、併殺となるはずが決勝点を献上した。浅村&山川のアベック弾が出た試合は15戦目にして初黒星で、連勝は5でストップした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月11日のニュース