ロッテ“獅子おどし”封じ ベテラン岡田が読み勝ち好走塁

[ 2018年7月11日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ7―5西武  ( 2018年7月10日    メットライフD )

8回無死一、二塁、暴投で三塁に滑り込む岡田
Photo By 共同

 ベテランの深い読みが勝った。4―4の8回無死一、二塁。打席のロッテ・井上は直球2球で追い込まれた。3球目は変化球が来る確率が高い。二塁の代走・岡田は「ワンバウンドなら行こう」と決めていた。捕手が右前方へはじくと、瞬時にスタートし、無死一、三塁をつくった。

 「キャンプから言われていること。体が勝手に反応しました」

 決勝点は、なお無死満塁から角中の併殺コースの投ゴロが、捕手・炭谷の悪送球で転がり込んだものだが「走塁改革」を掲げる井口監督の方針が生きた。3回1死満塁では井上の右犠飛で一、二塁の走者も進塁。角中の2点打を呼んだ。

 「足を絡めないと点が取れない」と井口監督。4本塁打の「獅子おどし打線」を足で上回り、2年ぶりの前半戦勝ち越しを決めた。 (福浦 健太郎)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月11日のニュース