【福岡】福大大濠の1年生左腕・深浦 公式戦初登板も7回を投げ1安打無失点

[ 2018年7月11日 15:14 ]

第100回全国高校野球選手権記念 福岡南大会2回戦   福大大濠4―0八女工 ( 2018年7月11日    春日球場 )

 昨夏準Vで甲子園出場を逃した福大大濠が八女工を下した。

 大濠は、先発に公式戦初登板となる1年生左腕・深浦幹也が7回被安打1、8奪三振、無四死球の内容で無失点。ルーキーの好投に応え、攻撃陣も三番・佐藤元(3年)を中心に4点を奪い完勝した。

 八木啓伸監督は、「深浦は思った以上に良く投げてくれた」とねぎらったが「残塁が多かったので次は修正したい」とつながりを欠いた攻撃面の課題をあげていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月11日のニュース