オリ山本 16試合ぶり失点で今季初黒星「悔しい1球」

[ 2018年7月11日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2―3楽天 ( 2018年7月10日    山形 )

8回2死一塁、今江に2ランを打たれた山本(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 オリックスは3番手の山本が1点リードの8回2死一塁から今江に逆転2ランを浴び16試合ぶりの失点が今季初黒星につながった。外角を狙ったカットボールが甘く入り、パ・リーグ記録に、あと2だった連続ホールドポイントも15でストップ。19歳は「悔しい1球」と唇をかんだ。

 3連敗で5位転落。福良監督は「(山本は)ここまで、よくやってくれている」と話し「あした(11日)、取れるように」と前半戦最終戦へ気持ちを切り替えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月11日のニュース