ヤク山田8打数連続安打も…今季ワースト7連敗で単独最下位

[ 2018年7月11日 05:41 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―6巨人 ( 2018年7月10日    神宮 )

8回無死、右前安打を放つ山田哲(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 9日にサイクル安打を達成したヤクルト・山田哲が球団では05年のリグス以来となる8打数連続安打をマークした。4打数4安打1四球だった前日から勢いを継続し、左前打、中前打、遊撃内野安打で迎えた8回は右前打を放ち、雄平の適時打で生還した。

 9回は三ゴロに倒れて記録が止まり、チームも今季ワースト7連敗で6月4日以来の単独最下位に転落。山田哲は「調子が良いとは思っていないけど、スイングがいいからかな。とにかくあす(11日)勝つだけ」と表情を引き締めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月11日のニュース