西武・源田、ミスターに並んだ 220試合連続フル出場

[ 2018年7月11日 05:30 ]

パ・リーグ   西武5―7ロッテ ( 2018年7月10日    メットライフD )

6回1死、左越えソロを放ち、敬礼ポーズでベンチに戻る源田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 西武は2年目の源田が「ミスター」に並んだ。この日で新人だった昨季開幕から220試合連続フルイニング出場。長嶋茂雄(巨人)に並ぶプロ野球記録となり「光栄ですし、うれしい」。

 6回には今季361打席目にして1号ソロ。勝利にはつながらなかったが「試合の最初から9回の終わりまで任せてもらうのが理想」と、今後の記録継続にも意欲を見せた。辻監督も「あいつは、あそこ(2番、遊撃)にいてくれるだけでいい」と全幅の信頼を寄せている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月11日のニュース