PR:

【福島】いわき海星サヨナラ勝ち!草野、主将の言葉に応えた人生初劇打

第100回全国高校野球選手権・福島大会2回戦   いわき海星2―1修明 ( 2018年7月11日    いわきGS )

<いわき海星・修明>9回2死一、二塁からサヨナラ左越え打を放ったいわき海星・草野(中)をナインが歓喜の出迎え
Photo By スポニチ

 いわき海星・草野弘雅(3年)が右手を挙げ一塁ベースを回った。1―1の9回裏2死一、二塁。スライダーを渾身の一振りで前進守備の左翼頭上へ運ぶ。サヨナラの「主役」を、マウンド付近に集まったナインが歓喜の出迎えだ。

 「サヨナラ打は人生初めて。その前にミスして同点にされたから…。無我夢中でした」。1点リードの7回、修明・国井陸(3年)の左中間二塁打を自らの悪送球で三塁まで進め、同点にされた。「やってしまった。挽回しないと」。

 巡ってきたサヨナラ機。気負う草野を次打者の水野太智主将(3年)が耳打ちした。「今までティー打撃とか一緒にやってきたよな。ここで決めてくれ!」その一言で落ち着きを取り戻した。

 劇的な幕切れに若林亨監督も興奮気味だ。「何年やってきてもサヨナラゲームはなかなかない。おなか一杯で次のことなんか…。3回戦はチャレンジャー精神で戦うだけです」。あらためてナインを頼もしそうに見つめた。

[ 2018年7月11日 13:43 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月19日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム