中日が連勝 京田の一発で逃げ切る 小笠原4勝目

[ 2018年7月11日 20:53 ]

セ・リーグ   中日2―1DeNA ( 2018年7月11日    横浜 )

3回2死一塁、左越え2ランを放った京田は大島に迎えられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 中日が1点差を守って連勝、2カード連続で勝ち越した。

 3回、京田がプロ初の2試合連発となる左越え2点本塁打を放ち先制。1点差に詰め寄られたが、先発の小笠原が制球に苦しみながらも要所を締め、7回途中まで3安打1失点で今季4勝目(6敗)を挙げた。

 DeNAはシーズン40敗目。連敗で4位に転落した。5回に桑原の中堅左へ飛び込むソロで1点差に追い上げたが、6、7回の好機での拙攻が響いた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月11日のニュース