DeNA投壊13失点 ウィーランド1号ソロも“本職”反省

[ 2018年7月11日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA8―13中日 ( 2018年7月10日    横浜 )

4回1死、中越えソロを放つウィーランド(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは13失点の投壊で、連勝は4でストップした。先発のウィーランドは自己ワーストの9失点で6回途中降板。4回に1号ソロを放ったが、本職で精彩を欠き「先頭打者を抑えた後に出塁を許して乗りきれなかった」と反省した。

 打線は8得点で追い上げただけに青山ヘッドコーチは「野手は頑張ったけど失点の形がいただけない」と苦言。借金は3で3位に転落し、前半戦の負け越しが決まった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月11日のニュース