PR:

ヤク坂口、球宴「最後の1人」選出 オリ時代の本拠開催「ファンに感謝」

オールスターのプラスワン投票で選ばれた坂口(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 「マイナビオールスターゲーム2018」に出場するセ、パ各リーグの「最後の一人」を決めるプラスワン投票の結果が10日に発表され、セはヤクルト・坂口智隆外野手(34)、パは日本ハム・大田泰示外野手(28)が選ばれた。大田は左手骨折により出場辞退が発表され、代替選手としてプラスワン投票2位のオリックス・安達了一内野手(30)が出場する。また、ロッテの荻野貴司外野手(32)が右手第2指基節骨骨折のため出場辞退が決まった。

 プラスワンで球宴に2度目の出場が決まった坂口は「僕みたいな地味な選手を選んでいただいて野球ファンの方々に感謝したい」と謙虚に語った。オリックス時代の11年に出場したが、ヤクルト移籍後は初。第1戦はかつての本拠地である京セラドーム開催でもあり「プレーで見せることはできないかもしれないけど、何か覚えてらっしゃる方がいたら練習でも声をかけていただければ。坂口は元気です、というものを見てもらえたら」と力を込めた。

[ 2018年7月11日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月24日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム