大谷、第3打席に敵失で出塁 次打者の適時打で生還

[ 2018年7月11日 12:51 ]

ア・リーグ   エンゼルス―マリナーズ ( 2018年7月10日    アナハイム )

エンゼルスの大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が10日(日本時間11日午前11時7分開始)の本拠地マリナーズ戦に6番・DHでスタメン出場。第3打席のニゴロが敵失を呼び、次打者の適時打で生還した。

 マリナーズの先発は大谷が右肘故障から復帰後初安打を放ったリーク。5月4日の敵地での対戦でも2安打を放った相性のいい相手に対して、6―3と3点リードの4回2死走者なしで迎えた第3打席はニゴロ。際どいタイミングとなったが二塁手の送球が逸れ、セーフとなった。記録は失策だった。直後にキンズラーが左中間へ安打を放ち、大谷は二塁から悠々と生還した。

 初回2死一、二塁のチャンス出迎えた第1打席はフルカウントから四球。第2打席は痛烈な当たりのニゴロに倒れていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月11日のニュース