日本ハム「DJチャス。」が2年連続でフレッシュオールスターに飛び入り参加

[ 2018年7月11日 12:40 ]

 日本ハムの2軍本拠地・鎌ケ谷スタジアムで謎の二刀流キャラクターとして活躍している「DJチャス。」が12日、青森県弘前市の「はるか夢球場」で行われるフレッシュオールスターに2年連続で「飛び入り参加」することが決まった。

 日本ハムからは清宮幸太郎内野手(19)をはじめ、西村天裕投手(25)、郡拓也捕手(20)の3選手が出場。謎のキャラクターは「フレッシュオールスターは若手選手にとっての登竜門なので、今回のオレは彼らを一生懸命応援するだけ!」と熱い声援を送るようだ。

 「DJチャス。」は実はチーム帯同を多く経験したベテラン社員。オールスター関係で一番の思い出は?と問われ、「やっぱり04年長野でやった時の新庄かな。あの神がかったホームスチールはベンチで見ていて鳥肌がたった」と興奮気味に振り返り、「青森のファンも今年はどんなドラマが飛び出すのか楽しみにしているはず。フレッシュを盛り上げないとね。きっと誰、このオヤジ?って感じで見られるんだろうけど、もし紫の人を見かけたら決して怪しい人間ではないので、差し入れはねぶた祭りのりんごジュースでお願いします!」と熱く抱負を語っていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2018年7月11日のニュース