ロッテ 18安打9点!6年ぶりの開幕2カード連続勝ち越し

[ 2018年4月5日 21:48 ]

パ・リーグ   ロッテ9-5オリックス ( 2018年4月5日    京セラD )

9回表、鈴木は右越えに2点本塁打を放つ
Photo By スポニチ

 ロッテは、18安打9得点で快勝。6年ぶりの開幕2カード連続勝ち越しとなった。

 0―0の3回無死一塁、三塁で加藤の左犠飛で先制。4回、鈴木の適時打と田村の適時三塁打で追加点。その後も7回、新人の藤岡の適時打と井上の適時打で3点追加。9回には、鈴木の1号2ランで加点した。

 今季初登板の涌井は5回2/3を投げて2失点で今季初勝利。

 オリックスは投手陣が打ち込まれ、7回、8反撃も及ばず。開幕から2カード連続負け越しとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース