パドレス牧田 不運初失点 試合を締められず

[ 2018年4月5日 05:30 ]

ナ・リーグ   パドレス8―4ロッキーズ ( 2018年4月3日    サンディエゴ )

<パドレス・ロッキーズ>9回2死で交代となった牧田(右から2人目)(AP)
Photo By AP

 パドレス・牧田は8―3の9回から救援し、2/3回を1安打1失点、2四球だった。

 2死一塁から浅い飛球を右翼手が照明で見失い、グラブの先に当てながら落球。記録は安打となり不運な形で初失点を喫した。次打者を四球で歩かせ交代を告げられ、試合を締められなかった。ただチームは連敗を4で止める今季初勝利。殊勲者の一人としてビールを飲まされ「悔いが残るがどんな形であれ勝つことが大事」と顔を赤く染めた。大谷については「凄いとしか言いようがない。天才だと思う」と評した。 (奥田秀樹通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース