DeNAドラ1東 メッセと投げ合い好投も無援…プロ初黒星

[ 2018年4月5日 22:04 ]

セ・リーグ   DeNA0―2阪神 ( 2018年4月5日    横浜 )

<D・神>9三振を奪う力投で7回1失点だった東
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位左腕・東が5日の阪神戦(横浜)でプロ初先発。7回を投げ6安打1失点、9奪三振と好投したものの、プロ初黒星を喫した。

 相手の先発は球界屈指の好投手・メッセンジャー。デビュー戦とは思えない好投で、堂々と投げ合った。4回に1点を失い、これが決勝点に。試合後、東は「メッセンジャーさんは8回まで崩れなかった。さすがエースだなと感じた」。それでも、直球の最速は150キロを計測し、即戦力の評価に違わぬ実力を見せつけた。

 一方の打線は沈黙。散発の3安打に終わり、今季初の零敗を喫した。ラミレス監督も「メッセンジャーは球界を代表する投手。何も出来なかった」と完敗を認めた。

 4日の阪神戦は先発の飯塚が6回2失点と好投したが、1得点で援護できず。2試合続けて若手投手を見殺しにしてしまった。この日、2安打を放って今季初のマルチ安打をマークした筒香は「これだけ投手陣が頑張っているんだから、点を取らないと勝てない。勝ちゲームに出来るように頑張ります」と気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月5日のニュース